採用情報

先輩社員の声 中村真吾

Shingo Nakamura

製造部溶断職場

Profile

充実のカフェテリアプラン

高校3年の夏休みに会社見学したのが入社のきっかけです。生産の現場でも皆さんテキパキと仕事を進めておられて、とても良い印象を持ちました。

入社後は厚板の切断部門のレーザー切断職場に配属され、大型の自動切断機を操作しています。レーザー切断は無人操業ができるので、夜間に切断するものを、夕方にセットして帰ります。だから1日の始まりは、前夜に切断された部材の片付けから。「手入れ」という仕上げの作業も同時に行います。

プライベートでは、仕事帰りに後輩を誘ってご飯を食べに行くことがあります。部署内では若い人だけで集まる飲み会もあって、そこから輪が広がっていますね。

福利厚生面ではカフェテリアプランが充実していて、趣味のスポーツ観戦や演劇、ライブなどで有効活用しています。

※カフェテリアプラン
選択型福利厚生制度。会社から付与されたポイントの範囲内で、複数の福利厚生メニューの中からニーズにあったものを選択し、ポイントを利用して補助を受けられる制度。育児支援や介護支援だけでなく、旅行やレジャー、スポーツなどでも利用可。ワコースチールの場合、選択できるメニューも多く、各個人のニーズに合わせて広く活用されている。

最年少責任者の不安を乗り越えて

レーザー切断機は5台あり、切断機それぞれに担当が2人ずついます。3〜4年前からこの切断機の1台の責任者を任されています。まさか入社数年で任されるとは思ってなくて「やっていけるかなぁ」と、最初は毎日不安に思っていました。周りに相談するようになってからはだいぶ気持ちが楽になりました。周囲に支えてもらっていることが感じられて、頑張ろうと思えるようになりました。

責任者の中では、自分が一番年少だったために「責任者にはまだ早すぎたかも知れない」と言われて、悔しい思いをしたこともありました。逃げたい気持ちになったこともありますが、そういうことを乗り越えられて今の自分があるわけで、結果的には任されて良かったなと思っています。