ワコースチール株式会社 トップページ お問い合わせ 個人情報保護方針
トップページ > 企業に関する情報

会社概要

明日へのチャレンジ

当社は、1962年に住友金属工業株式会社(現新日鐵住金株式会社)和歌山製鉄所で製造される鋼板の加工・販売を目的として和歌山の地に発足しました。以来、住友金属工業株式会社の発展と共に、そのグループの一員として生産設備の増強と独自の加工領域拡充を積極的に行い、幅広い製品をお客様にお届けしてまいりました。
現在は、新日鐵住金株式会社の関東地区における厚板溶断と薄板切断の中核拠点としての地位を確立すると共に、精密な加工技術と合わせて製罐(溶接組立)分野への進出も果たしております。
また、最新鋭の切断機導入や、WEB-EDI化による業務の簡素化、各切断機の無線LAN化による迅速化・的確化等、ハード・ソフト両面の強化・充実を進め、リードタイムの短縮や多品種・小ロット製品のジャストインタイム納入等にも対応できる体制を整えてきました。今後ますます高度化・多様化するお客様のニーズにお応えし、皆様に信頼される企業に向けて新たな創造力とチャレンジ精神で更なる努力を続けてまいります。

商号 ワコースチール株式会社
本社所在地 〒287-0211 千葉県成田市所1072番地
設立年月日 1962年9月5日(昭和37年)
資本金 5億335万円
代表者 代表取締役 清水 健五
株主
新日鐵住金株式会社 63.9%
住友商事株式会社 17.9%
日鉄住金物産株式会社 11.6%
住友重機械工業株式会社   6.6%
従業員 約140名

営業品目

・中・厚・極厚鋼板のガス精密異形溶断品
・各種鋼板二・三次加工品および製罐品
・薄・中鋼板のシャー切断品
・素材販売

沿革

1962年09月 和歌山鋼業株式会社として会社設立。和歌山市にて和歌山工場の操業を開始(2000年3月現工場へ集約)
1969年06月 千葉県香取郡(現成田市)にて操業を開始
熱延鋼板のシャー切断設備を稼働
1970年10月 厚板のガス溶断設備を稼働
1973年07月 ワコースチール株式会社に社名変更
1981年11月 NCガス切断機を導入
1995年03月 オートシャーを導入
1996年10月 6kwレーザー切断機を導入(LA#2)
1998年10月 開先・プレス加工分野に進出
2000年04月 4kwレーザー切断機を導入(LA#3)
2000年10月 本社を千葉県香取郡(現成田市)に移転
2001年01月 製罐分野に進出(溶接ロボット導入)
2002年03月 資本金を5億335万円(現資本金)に増資
2003年02月 5kwレーザー切断機を導入(LA#4)
2005年09月 ロボットファインプラズマ開先機
大型両面機械開先機を導入
2005年10月 6kwレーザー切断機を導入(LA#5)
2006年10月 6kwレーザー切断機を導入(LA#6)
2007年07月 No.1NCガス切断機更新(ドリル付)
2008年01月 超硬丸鋸切断機導入
2008年03月 NCドリルマシン導入
2009年09月 プラズマ切断機導入(PZ#1)
2010年11月 ベンディングロール導入
2012年06月 プラズマ切断機導入(PZ#2)
2012年09月 ISO9001認証取得(本社工場)

ページの先頭へ

© Copyright 2006 WAKO STEEL All Rights Reserved.